特別養護老人ホーム 透鹿園

当施設は昭和59年に開設され数々の歴史を積み重ねて今日に至っております。老人福祉施設50床、短期入所施設2床と規模は小さいながらも地元に愛されて今日までやってまいりました。地域との交流を大切にして地蔵盆等の行事にも参加していただき、地域に開かれた施設になるように心がけています。

相談・見学・お問い合わせ

特別養護老人ホーム 透鹿園

所在地 〒651-2263 神戸市西区平野町常本309-5
開設 1984年4月1日
電話及びFAX TEL:078-961-2335 FAX:078-961-3853
e-mail touka-en@view.ocn.ne.jp

提供サービス

<入所施設> 定員 50名

入所する要介護者に対して、施設サービス計画に基づいて行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上のお世話、機能訓練、健康管理および療養上のお世話を行います。
お部屋は2人部屋(2室)、4人部屋(12室)の構成となっております。

<ショートステイ> 定員 2名

寝たきりまたは認知症のお年寄りを介護しているご家族の方が、冠婚葬祭、病気や旅行などの理由で一時的に介護が困難になった場合などにご利用いただけます。

相談・見学・お問い合わせ

透鹿園が目指すもの

透鹿園が目指すものスタッフ一同が「お一人お一人に仕える」精神を基本とし、それを具体的な形で利用者にお伝えできるよう取り組んでいます。
長年にわたって社会に尽くしてこれられた皆さんに、心地よく過ごしていただけることを一番の目標にしていますから、利用者の自由を最大限にお守りし、お一人お一人の歴史や文化、習慣を大事にしたいと考えています。利用者全員に本当に「幸せ」と思っていただけるよう、自分で選べることを尊重。1日のスケジュールも食事と入浴の時間以外は自宅で好きなようにするのと同じように個々のペースでお過ごしいただけます。スタッフは利用者に比べて若いため、透鹿園を人生の先輩からさまざまなことを学ぶ場に、利用者が培ってこられた経験などを次世代に伝承していただける場にしたいと願っています。

スタッフ

最近では利用者の皆さまの高齢化が進んでおり、よりいっそうの注意をはらいながらケアに努めると同時に、近隣の医療機関との連携を密に行いながら安心して暮らせる体制を整えております。ベテランと元気な若手がバランスよく配置された介護・看護師スタッフは常に家族的な雰囲気で利用者の皆さまと接しています。また、若手スタッフが盛り上げるさまざまなレクリエーションが年間を通じて企画され、利用者の皆さんがいつもたいへん楽しみにされております。

当たり前の楽しみを大切に

私たちの生活の中で、「食べること」「寝ること」「お風呂に入ること」は大きな楽しみのひとつです。こんなごく当たり前のたのしみを大切にしたいと考えています。お食事の際も味わっていただくだけでなく、目でも楽しめるように盛りつけや食器を工夫し、家庭の食事に近いように配膳。献立によっては、量や種類も食べたいものを食べたいだけ召し上がっていただけるようにもしています。

ご面会について

ご面会について住み慣れた環境を懐かしむお年寄りのために、ご家族のご訪問を歓迎しています。いつでも自由に面会におこしください。

透鹿園へのアクセス

住所: 〒651-2263 神戸市西区平之町常本 309-5                                         交通:神戸市営地下鉄「西神中央駅」よりタクシーで7分                                     神姫バス「JR明石駅」より約30分 「西戸田上」下車5分


大きな地図で見る

相談・見学・お問い合わせ